大阪府岸和田市・和泉市の訪問介護・看護、デイサービス、認知症ケア

見える事例検討会

「見える事例検討会®(通称:見え検®)」とは、多職種・多部門で行う事例検討会を可視化(見える化)したものです。
見え検では、英国の教育者であり、脳と学習の権威であるトニー・ブザンが開発した思考方法であるマインドマップ(右写真)をベースに開発した「見え検マップ」を活用しています。
分類された8つの領域にキーワードを記述していくことにより、情報同士の関係が見え、事例の状況がイメージしやすく、課題が自然と明確になってゆきます

  • 見える事例検討会について
  • 見える事例検討会公式facebook

本年度一回目 見え検岸和田です

2015.5.1見える事例検討会

    

4月30日 八木市民センターにて開催しました。

認知症学会医師の米本先生をはじめ、介護保険課、福祉政策課など行政の方や地域の福祉関係者などを中心に30名近くご参加頂きました。

また、民生委員の方もご参加頂き、今後に課題は山積していますが、地域交流の面でもご理解頂けたかと思います。

今後も、認知症を患っても地域で生活を続けたいという思いに応える為に医療と介護の連携を充実させる必要があります。その為に見え検は顔の見えるネットワーク構築の為に2月に一度の定期開催を予定しています。

医療福祉関係のみならず地域交流に理解頂けます方のご参加をお待ちしています。

次回の開催案内はHP、DMなど配信致しますが、ご希望の方はHP内メールにてご連絡ください。

のばなはこれからも医療介護連携を通し、地域で見守る認知症ケアを発展させていきます。

  

見える事例検討会 in渡辺病院認知症ケア懇話会

2014.11.13見える事例検討会

平成26年11月1日(土)医療法人聖志会渡辺病院において
第22回認知症ケア懇話会がありました
事例検討会」を開催させていただきました。

参加された方は、認知症ケア専門士の方たちです。
普段の検討会は多職種の方が多いのが特徴ですが
今回のように、全員が認知症を学ばれた方というのは初めてです・・・

事例提供者の方に何か明日からできるプランを・・・と
ファシリテーションとして頑張り、
なんとか終えることができました^^

今後も地域において
課題解決・援助技術の向上・ネットワークの構築
を目的に事例検討会」を継続していきます。

 

最近の投稿

カテゴリー

  • カテゴリーなし
  • スタッフブログ
  • 社長ブログ
  • 見える事例検討会
  • 介護のための心理学コラム「カイゴコロ」

過去の投稿(すべて)

PAGE TOP