大阪府岸和田市・和泉市の訪問介護・看護、デイサービス、認知症ケア

介護のための心理学コラム「カイゴコロ」

「臨床心理学」ってなに?~「介護」との共通点から~ 

2017.8.1心理学コラム「カイゴコロ」

「心理学」ってなに?「臨床心理学」ってなに?

 

「臨床心理士です」と言うと、

「心理学ってなんなの?」

とよく聞かれます。

しかし、多くの心理士は、その問いに答えるのが苦手です。

 

心理士は、

「心の奥深さなんて、簡単に語れないし…」

なんて、ちょっと斜に構えているところがあるからです。(主観ですが)

 

でも実際に、「心理学」が簡単に語れないのは事実です。

「心理学」の中でも特に、「心の健康、癒し」に重きを置いた、

「臨床心理学」はなかなか説明がやっかいです。

 

 

「臨床心理士?じゃあ、心が元気になる方法を教えて!」

 

臨床心理学は心の健康や癒しに関係する学問です。

しかし、

残念ながら臨床心理士は、

「誰でも絶対に心が元気になる方法」を知っているわけではありません。

 

ただ、「科学的に効果が認められた」とされる心理療法(心を癒す方法)は存在します。

臨床心理士は心理療法を学んできています。

そういった心理療法は、もちろん色々試してみる価値はあり、

「カイゴコロ®」でも紹介していければと思うので宜しくお願いします。

 

 

臨床心理士は「絶対に心が元気になる方法」を知らない

 

「科学的に効果が認められている心理療法はある」とお話ししました。

しかしそれらは、誰にでも絶対効果があるとは限らないのです。(無責任な話です)

 

こんなことを言うと、次のような声が聞こえてきそうです。

 

「じゃあ心理士って何をしてくれるの?

だって『絶対に心が元気になる方法なんて知りません』って言ってるんでしょう?

どうやって心を癒すんですか?」

 

「絶対的な解決方法がない」からこそ、臨床心理士はいる意味があるんです

 

「絶対に心が元気になる方法」なんてないからこそ、

臨床心理士がいる意味があると、私は思います。

 

誰かが相談に来られた時、

心理士は考えます。

 

「目の前の人はどんな人で、何に悩んでいるのか」

「本当は何が起きているのか」

「じゃあ一体、私に何が出来るのか」

 

そうして、相談者が語る物語に耳を傾けるのです。

 

 

「絶対に心が元気になる方法」はありません。

むしろ、あったら、心理士はいらない訳です。

絶対がないからこそ、

唯一無二の人生を送ってこられた、目の前の悩める人に、

徹底的に寄り添う事の出来る、「臨床心理士」が必要なのだと、

私は思います。

 

「共に考えていきましょう」

 

絶対がない中で寄り添う姿勢は、介護と似ている

 

臨床心理士は、「誰でも絶対に心を元気にする方法」を知りませんが、

学んできた知識をベースに、目の前の人に深く寄り添おうと努めます。

 

その点で、介護にとても近いものを感じるのです。

 

介護士の方々は、

理論上正しいとされている介護の技術を教科書で学んでおられます。

 

しかし、

実際の現場では、知識を超えて、

目の前の方や現場に対し、自分は何が出来るかを「その場で」考えます。

ケースバイケースの対応力大切にしておられるのです。

 

 

もちろん介護で土台になっているのは、知識や技術なのだと感じます。

優秀な介護士の方々は、様々な研修に参加し、常に技量を磨いておられます。

そして知識や技術をもとに

色々な対応を経験で学んでおられるのです。

 

「知識や技術を土台にしながらも、それらを超え、

目の前の人、現場にとって、最も良い方法を考える」

 

という点は、

 

「介護」と「臨床心理学」の大変共通する部分だと思います。

 

 

……「臨床心理学」とはなにか。

そして、「心理」と「介護」との共通点でした(^ー^)

 

では、また☆

臨床心理士/精神保健福祉士「南 紗音」

コラムニスト

有限会社野花ヘルスプロモート
MS(Mental Health Support)事業部

南 紗音(Minami Suzune)

臨床心理士/精神保健福祉士

大学、大学院で臨床心理学を学び、卒業後野花ヘルスプロモートに入社。
介護業界への心理学の導入、地域活性化に向けての心理学の活用等、社会での新たな臨床心理学の在り方を見つけるために、日々研究、模索している。

よく読まれている記事

最近の投稿

カテゴリー

  • カテゴリーなし
  • スタッフブログ
  • 社長ブログ
  • 見える事例検討会
  • 介護のための心理学コラム「カイゴコロ」

過去の投稿(すべて)

PAGE TOP